お酒を飲む前に!気持ちよく飲んで二日酔いしない予防法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%e3%81%8a%e9%85%92%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e5%89%8d

1日仕事を頑張った後に飲むお酒や友人たちと集まっておしゃべりしながら飲むお酒。
人それぞれお酒を楽しむ過ごし方があります。

気分を爽やかにしつつ辛い二日酔いにならないために、お酒を飲む前の予防法をご紹介します。

1.肝臓の機能の低下をチェックする方法とは?

胃痛や胸やけ、吐き気や頭痛、倦怠感などの二日酔い。
原因は幾つかあります。

中でも、多くの人が抱えやすい2つの原因は肝臓と胃の働きの低下です。
アルコールの有害物質を分解し解毒するために働く肝臓。
(おすすめ記事→脂肪肝は怖かった!知っておくべき症状と治療方法

お酒を飲む前に自分の肝臓が弱っていないかチェックしてみましょう。

・体がだるくて重い倦怠感がある

・疲れが抜けなくてスッキリしない疲労感がある

・食事の時間になっても食欲が湧かないといった食欲不振になっている

・便秘ではないのにお腹が張っている感じがする

・皮膚の艶がなかったり、カサカサしている

すでに肝臓が弱っているサイン。
予防法をしっかり行った方が良さそうです。

2.胃の機能の低下をチェックする方法とは?

食べた物や飲んだ物の消化や吸収を行う胃。
胃の不調の多くはストレスが影響していることも。

胃や腸で消化吸収をされた栄養素が肝臓に届いて、体に合った成分に作り変えられていきますので、胃の働きを良くしておくことは大切です。
(おすすめ記事→実はお酒は肝臓よりも別の臓器に負担をかけてしまうことを知っていますか?

お酒を飲む前に自分の胃が弱っていないかチェックしてみましょう。

2-1.口の中が荒れたりただれたりして、口内炎ができている

2-2.ときどき胃の痛みを感じる

2-3.胃が持たれた感じが取れない

2-4.あまり食欲がわかない

2-5.下痢や便秘になることが多い

すでに胃が弱っているサイン。
アルコールでさらに胃の働きが低下して二日酔いになりやすいでしょう。

3.お酒を飲む前に摂っておくと良い食べ物とは?

アルコールを処理する肝臓や消化吸収を行う胃。
お酒を飲む前にそれぞれの働きを高めておきましょう。

肝臓や胃の働きを促進する食べ物や飲み物を摂るなら、負担を少なくすることができます。

お酒を飲む前までに手軽に摂ることができるものをご紹介します。

3-1.ナッツ類

ナッツ類に含まれているアスパラギン酸。
体内でのさまざまな働きの一つに、有害物質を体外へ排出する働きがあります。

また、体内酵素の働きを助けるマグネシウムも含まれています。
ストレスの大きさやアルコールの量によって必要量が増加するマグネシウム。

アルコールを大量に摂る人は摂った方が良いでしょう。
疲労回復を促して、胃の働きを高めてくれます。

ナッツ類の中でも、特に二日酔いの予防につながる種類があります。

・アーモンド
アーモンドに含まれているグルタミン酸。
体内から毒素を排出してくれます。

その効果は、アルコール依存症を抑制する効きめがあるほどです。

・ヘーゼルナッツ
ヘーゼルナッツに含まれているオレイン酸。

胃酸の分泌を調整する働きがあるため、胃の働きを良くしてくれます。

・クルミ・松の実
クルミや松の実に含まれているリノール酸。
実は、リノール酸は体内で合成されるとき、γ-リノール酸に変換します。

一部の海藻や母乳にしか含まれていないγ-リノール酸。
食べ物から摂取することはほとんどありません。

体をコントロールするための生理活性物質の一つとして重要です。

アルコールをよく飲む人がなってしまうことが多い生活習慣病の予防にも効果があります。

特に、仕事などの疲れやストレスを感じる日。
休憩時間や空腹時など、おやつ代わりにナッツ類を一口。

携帯しやすい小袋タイプが便利です。

3-2.ナチュラルチーズ

チーズやヨーグルトに含まれている乳タンパク。
胃の粘膜を保護する働きがあります。

特に、お酒を飲む30分前に食べると効果を発揮するチーズ。

含まれている脂肪がアルコールの吸収を阻害して、血中アルコール濃度の上昇を抑えます。

3-3.ヨーグルト

ビフィズス菌や乳酸菌入りのヨーグルト。
腸内環境を整えるため、消化吸収が促進されて有害物質が減少。

アルコールの解毒を行う肝臓の負担を軽減してくれます。

3-4.トマト

野菜の中でもトマトに含まれているリコピン。
強い抗酸化力があります。

また、アルコールで失われるナトリウムやビタミンB6、豊富なビタミンCがストレスで痛んだ胃を元気にしてくれます。

冷蔵庫の常備野菜の一つでもあるトマト。
一口ガブッと食べて行くのもオススメです。

3-5.バナナ

バナナに含まれているビタミンB6。
胃腸の不調を改善する働きがあります。

特に、カルシウムが豊富な牛乳との組み合わせは効果アップ!
体が疲れている時のエネルギー補給もできます。

4.お酒を飲む前に飲んでおくと良い飲み物とは?

4-1.緑茶

緑茶に含まれているカフェイン。
アルコールの分解を促進します。

また、カテキンは胃がアルコールを吸収するのを抑制します。

4-2.牛乳

牛乳の主成分であるカゼイン。

胃酸を中和して胃粘膜を保護するため、急速なアルコールの吸収を防いでくれます。

お酒を飲む直前に牛乳を摂るなら悪酔いを予防することができます。

4-3.豆乳

豆乳に含まれている大豆サポニン。

強い抗酸化作用に加えて、肝臓の機能に悪影響を与えてしまう過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。

幾つか味に種類があるものも。
豆乳が苦手な方は飲みやすい味を選んでみましょう。

4-4.トマトジュース

トマトジュースに含まれているカリウム。
生命活動の基本である、細胞の浸透圧を維持する働きがあります。

日頃、ストレスが多い人や甘いもの、コーヒーを飲むことが多い人、汗をかくことが多い人は特に不足しがちに。

手軽なトマトジュースで補いましょう。

4-5.黒酢やリンゴ酢のジュース

酸っぱさ成分であるクエン酸。

体内に摂り入れたデンプンがさまざまな化学変化を経てエネルギーを発生させるために必要不可欠な成分です。

疲労物質分解を促進してくれます。

5.お酒を飲む前に摂っておくと良いサプリメントとは?

アルコールだけでなく体内に摂り入れた栄養の代謝も行う肝臓。

特に、お酒を飲む前に摂るのはアセトアルデヒドの分解を促進するものが良いでしょう。

また、胃の働きの低下による二日酔い。
大抵、ストレスが大きい人ほど胃の調子もあまり良くありません。

二日酔いを予防するために肝臓や胃の働きを高めるサプリメントを摂りましょう。

5-1.クルクミン

特に、お酒を飲む前に摂ると効果があるクルクミン。アセトアルデヒドの分解を促進して、二日酔いを予防します。

5-2.タウリン

肝臓に有益な栄養素が含まれているタウリン。日ごろから、疲れている肝臓の働きを高めてくれます。

5-3.アミノ酸

アミノ酸の中でも、特に肝臓の解毒作用を良くするアルギニン。アルコールの代謝を促進し、肝機能を高めます。

5-4.Lシステイン

アセトアルデヒド脱水酵素を活性化するLシステイン。アルコールの分解を早めてくれます。

5-5.核酸

細胞の新陳代謝を活発にして、肝臓だけでなく内臓全般の働きを高めてくれます。

体内でも合成されますが、年齢とともに合成量が減っていきます。
特に、中年期以降はサプリメントで補給しましょう。

5-6.ビタミンA

胃の粘膜を正常に保ったり、修復したりします。

5-7.ビタミンB群

ビタミンB群は老廃物の代謝を促し、疲労回復に効果があります。
特に、ビタミンB1はアルコールの代謝に必須。

アセトアルデヒドの分解を促してくれます。

5-8.ビタミンC

胃の痛みを解消します。

5-9.ビタミンE

抗酸化作用があり、過酸化脂質ができないよう抑制してくれます。

アセトアルデヒドの分解を促進してくれます。

5-10.マグネシウム

ビタミンB群とともに体内酵素の働きや核酸の合成を助けてくれます。

5-11.亜鉛

胃の内側の膜を保護します。

6.サプリメントの摂取時に注意する点とは?

必ず、記載されている摂取方法や摂取量を守りましょう。

ビタミンやミネラルには過剰や欠乏など摂取量のバランスがあります。
バランスが崩れると中毒の症状や疾病を引き起こすかもしれません。

どんなサプリメントでも過剰摂取は良くありません。

一つの成分が入っているサプリメントの他に、それぞれの成分がバランスよく配合されているマルチサプリメントもあります。

7.お酒を飲む前に飲んでおくと良いドリンクとは?

お酒を飲む前に飲むドリンク。
肝臓や胃の働きを助けて、二日酔いの予防につながります。

ただし、ドリンクを飲んだからといって、飲み過ぎは禁物。
せっかくの効果を期待できないでしょう。

飲みすぎないことが一番です。

7-1.ウコンの力

肝臓の働きを良くしてくれるウコン。
お酒を飲む前に飲んでおくと肝臓機能を強化してくれます。

7-2.ヘパリーゼ

疲労回復や弱った胃を良くしてくれます。
お酒を飲む直前〜30分前に飲むとアルコールの分解を促してくれます。

7-3.ソルマック 胃腸液プラス

ウコンに加えて、胃腸の働きを改善してくれる生薬と塩化カルニチン配合。

日頃から胃の働きが弱っている人は調子を良くすることができます。

胃腸薬の効果が現れるまで30〜40分かかります。
食事の30分前に、胃が空っぽの状態で飲んだ方が効くでしょう。

7-4.太田胃散 内服液

胃を元気にしてくれる塩化カルニチンと生薬を配合。
お酒を飲む30分前に飲むと良いでしょう。

8.お酒を飲む前に水を飲んでおくと良い理由とは?

特に、疲れているときは体内の血液や体液が滞りがちに。
水を飲むなら、栄養や酸素が体のすみずみにまで循環して元気を保つことができます。

年齢とともに少なくなっていく体内の水分。
さらに、お酒を飲むとアルコールが胃腸の水分を奪って、粘膜を荒らします。

お酒を飲む前にお水を飲んでおきましょう。
特に、汗をかくようなハードな仕事をした日や暑い日などは十分な水分を補給しましょう。

%e3%81%8a%e9%85%92%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e5%89%8d

まとめ

二日酔いにならないために。

まずは二日酔いの予防になる食べ物や飲み物を摂りましょう。
食事で不足しがちな栄養をサプリメントやドリンクで補うことができます。

サプリメントやドリンクは摂りすぎるなら不調につながります。

お酒を飲む機会の多い30〜40代。
働き盛りでストレスも多いでしょう。

日頃から、肝臓や胃の働きを高める食習慣で二日酔いを予防しましょう。

The following two tabs change content below.
HANA

HANA

いろいろな本を読んで役立つ記事をご紹介しています。調べることによって、新しい情報 を取り入れることができて知識の幅が広がります。実際、幾つか試して不調を改善できま した。実感したことですが、健康に良いと思える情報でも、すべての人に効果が出るわけ ではないということ。人それぞれ持っている体質・症状の個人差や生活スタイルの違いな どがありますので、期待していた効果が現れないとしても当然かもしれません。抱える不 調を治したいという思い、諦めないで改善する努力を続けることが大切だと感じました。 健康であれば日々の生活も楽しくなります。「これは自分に合うかもしれない」と思う情 報をぜひ試してみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*