2017年 1月 の投稿一覧

痛風を改善するために!食事で気をつける7つのポイント!

痛風の食事

痛風を引き起こすのは長い間の高脂肪・高タンパク・高カロリーの食事。

仕事が忙しく、エネルギーが必要な30代40代の男性は食生活が乱れがちかもしれません。

痛風の症状を悪化させないために、食事の際に気をつける7つのポイントをご紹介します。

健康な方も、ぜひこの機会に食生活を見直してみましょう。

続きを読む

飲んだ後でも間に合う!?翌日もスッキリ仕事ができる二日酔い予防法

%e3%81%8a%e9%85%92%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%93%e3%81%a0%e5%be%8c

しまった。
結構飲みすぎたかも・・・

飲み会後に感じる不安。
二日酔いは、頭痛や吐き気、胃の痛みなどに悩まされます。

お酒を飲んだ後でも、効果のある二日酔い予防法を行ってみましょう。

1.お酒を飲んだ後に摂ると良い食べ物とは?

前回までお酒を飲む前と飲み会中の二日酔い予防法についてご紹介しました。
(関連記事→お酒を飲む前に!気持ちよく飲んで二日酔いしない予防法とは?
(関連記事→飲み会中にできる!翌日にお酒を残さないための二日酔い予防法

しかし、つい飲みすぎてしまう時もありますよね。

飲んだ後の二日酔い解消法に効くのは、アルコール代謝を促進させるために、なるべく物を食べることです。

例えば、二日酔いの朝はやたらと水分が欲しくなりますね。
これはアルコールを体外へ排出するために大切なこと。

水分を補給すると約10%のアルコールが排出されるからです。
汁物や飲み物など水分であれば、何でも二日酔いには効果があります。

ただ、食べ物の中でも特にアルコール代謝を促進する効果が高いのは果物です。

実際に、ネズミなどにアルコールを摂取させて、フルクトースという果糖を静脈に注入したところ、血液中のアルコールが消失する速さが、通常の1.5倍にアップしたという実験結果もあります。

特に、二日酔いの朝におすすめなのは果糖。
それもシーズンごとの旬の果物が最高です。
もちろん果物ジュースでも構いません。

他にも肝臓の負担を減らす食品があります。
これらの食品を積極的に摂りましょう。

1-1.味噌汁

お酒を飲んだ後のシメにラーメンを…という方も多いはず。
アルコールによってナトリウムが失われるため塩味が食べたくなるためです。

お酒を飲んだ後の肝臓はアルコールによってダメージを受けています。
ラーメンよりも味噌汁を選びましょう。

肝細胞の再生能力、つまり増殖には材料の補給が必要です。
アルコールの解毒だけでなく、体内のさまざまな代謝を行う時に必要な酵素の働きも良くなります。

「味噌汁は朝の毒消し」と言われていますね。
翌日の朝食にも味噌汁とご飯がおすすめなのは、その組み合わせが理想的なタンパク質になるからです。

大豆の欠点は消化が悪いことですが、発酵されている味噌で消化の悪さが解消され、大豆タンパクを効率良く吸収できますし、味噌に不足気味のアミノ酸をご飯で補うことができます。

味噌に含まれているサポニン。
血液中のコレステロールを低下させるため、動脈硬化を防ぐとともに、肝障害も予防します。

味噌に含まれている大豆成分のコリン。
レッチンと呼ばれる物質の材料になるため、肝臓の中に入ったアルコールが、脂肪になって蓄積されるのを防ぐ作用があります。
一緒に食べる具によって、肝臓の働きを高めることができ、二日酔いの予防になるでしょう。

〈シジミの味噌汁〉
特に、二日酔い予防に効果があるのはタウリンが含まれているシジミ。
胆汁の排泄を促進して、肝臓の解毒作用を活発にします。

また、グルタミンなどのアミノ酸が豊富に含まれていて、肝臓のアルコール分解を促進します。
貝類の中でもアミノ酸の含有量はトップクラスです。

レバーに匹敵するビタミンB12、肝臓の働きを促すグリコーゲンも含まれていて、肝機能を高めてくれるでしょう。

さらに、お酒を飲んだ翌朝にシジミ汁と一緒に梅干しを食べると相乗効果を発揮。
梅干しに含まれているピクリン酸は肝機能を高めて、アルコールを体外へ排泄するのを助けてくれます。

同時に、梅干しのクエン酸やピルビン酸、コハク酸は胃腸の働きを活発にして、疲労回復を促します。

〈アサリの味噌汁〉
必須アミノ酸を比較的多く含んでいるアサリ。
バランスの良いアミノ酸はシジミに続いて2番目です。

特に、アサリに含まれているアミノスルホン酸のタウリン。

血液中の余分なコレステロールの排出を促して、血液をサラサラにする効果があり、肝機能を高めてくれます。
亜鉛やナイアシンなどのミネラルの他、ビタミン類、特にビタミンB12が多く含まれているため肝臓を強化します。

〈ハマグリの潮汁〉
アミノ酸のグリシン・グルタミン酸・グリコーゲン・コハク酸などで構成されているハマグリ。
亜鉛やマグネシウム、鉄やカルシウムなど豊富なミネラルの他、ビタミンB12やタウリンも多く、肝機能を強くして二日酔いを予防してくれます。

ちなみに、ハマグリにはビタミンB1分解酵素のアノイリナーゼが含まれていますが、これは熱に弱いため、火を通して食べるのがおすすめです。

特に、ハマグリの潮汁に木の芽やうどを入れて飲むと、二日酔いを改善する効果がアップします。

〈野菜入りの味噌汁〉
アルコールによって体内のカリウムやナトリウムなどのミネラルも排出されてしまいます。

野菜の味噌汁がおすすめなのは、ナトリウムが含まれている味噌とミネラルが含まれている野菜の組み合わせ。

特に、発がん物質の解毒酵素をつくる白菜。
昔から酒毒を消す作用があるとして用いられてきました。

また、肝臓を強化する椎茸。
滋養強壮作用だけでなく、肝臓病を患っている人にもおすすめするほどの注目食材です。

他には、胃酸過多を改善するカブ。
胃の荒れに効くキャベツ。
肝機能を高めてくれるスルフォラファンがふくまれている大根など。

味噌汁の具として一緒に摂ると、縮んでボリュームが小さくなります。
生野菜で食べるよりもたくさんの量を摂れて、肝機能の悪化という悪循環を断つのに役立ちます。

〈アオサの味噌汁〉
体内でさまざまな酵素の働きを助けるマグネシウム。
通常、不足しがちなミネラルです。

二日酔いによってさらに体内バランスが崩れると、辛い症状に現れるでしょう。
マグネシウム含有量トップのアオサは不調やイライラ、集中力の低下なども改善してくれます。

1-2.生姜大根おろし

二日酔いで弱った肝臓。

大根に含まれている解毒作用が元気にしてくれます。
また、古くから薬効成分が利用されている生姜。

香りや辛味成分が消化を助け、吐き気に対する消炎作用が働きます。
大根と生姜をすりおろして混ぜ、醤油を少量落とせばできあがり。

2つ揃っていなくても、どちらか1つを食べても効きます。
大根おろしや大根の絞り汁を飲むだけでも効果があります。

生姜のスライス1枚を口に含んでいるだけでも、胃もたれが緩和するでしょう。
ちなみに、大根はホウレン草やカボチャ、鶏肉やホタテとの組み合わせでも強肝作用があります。

一方、バナナやリンゴ、牛乳との組み合わせでは、胃腸の働きを高める効果があります。

1-3.キュウリの絞り汁

カリウムが多く含まれているキュウリ。

尿の排泄を促したり、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を促進したりする作用があります。

また、1930年にスイカから発見された機能性成分であるシトルリンというアミノ酸がキュウリにも含まれていて、疲労回復効果があります。

キュウリは緑茶やとうがらし、とうがんなどと組み合わせると胃の働きを高め、利尿作用もアップします。

キュウリの絞り汁はキュウリ 1本をすりおろして、キッチンペーパーなどで汁を絞ればできあがりです。
辛い悪酔いを緩和してくれるでしょう。

1-4.ワカメ・昆布などのアルカリ食品

アルコールの作用で食欲増進。
お酒を飲んだ後に胸やけが…。

そんな時は、消化作用や胃の粘膜の分泌を高めてくれるビタミンUが含まれている食べ物を摂りましょう。

ビタミンU含有量トップはキャベツですが、お酒を飲んだ後はワカメや昆布などのアルカリ食品を食べることができます。

手軽なのはおつまみや珍味のワカメや昆布。
アルコールによって排泄されるカリウムも含まれていて、疲労回復にも効きます。
過剰に分泌されている胃酸を抑える働きもあります。

1-5.ゴマ塩

ゴマに含まれているセサミン。
アルコールの分解を促進して、血液中のアルコールを消失してくれます。

悪酔いの原因であるアセドヒルドの毒性を軽減してくれる効果があるのです。
また、約22%の良質のたんぱく質や疲労回復のビタミンB群、強壮作用の亜鉛も含まれています。

特に、ゴマ塩は胃酸過多にも効果があります。

1-6.プロセスチーズ

プロセスチーズに含まれている亜鉛。

肝臓でのタンパク質の合成を促進したり、細胞膜の酸化や不安定化によって肝臓の働きが低下したりするのを防いでくれます。

また、チーズは牛乳よりも消化しやすい食品。
乳酸菌および酵素の働きによって、たんぱく質がペプチドやアミノ酸に分解されているからです。

生きた食品でもあるナチュラルチーズを加熱殺菌しているプロセスチーズ。
日もちがよく、食べやすい味で手軽に活用できます。

1-7.柿

二日酔いの予防に即効性のある柿。
その理由は、アルコール分解を促進するアルコールデヒドロゲナーゼが含まれているためです。

ビタミンの宝庫とも呼ばれ、ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2やミカンの約2倍のビタミンCも含まれています。

他にも、渋みの元であるシブオールと呼ばれるタンニンやカリウムも含まれているため、二日酔いの強い味方になります。

お酒を飲んだ後のデザートにそのまま食べることもできますし、翌日の朝食にサラダや和えものなど調理して食べることもできます。

1-8.みかん・オレンジ・レモン

アルコールによって失われるビタミンC。
ストレスに打ち勝とうとする抗ストレスホルモンの分泌を促進したり、免疫力を高めたりしてくれます。

このビタミンCの吸収を助けるのがビタミンP。
みかんやオレンジ、レモンなどの房を包んでいる薄皮に含まれています。

実は、みかんの皮を乾燥させたものは陳皮と呼ばれ、漢方や民間療法にも活用されてきました。
薄皮ごと食べると、ビタミンCに加えてビタミンPも一緒に摂ることができるため効果も高まります。

冬は熱湯にみかんやレモンにはちみつを加えたホットジュースが、たまった疲れを回復させるためおすすめです。

柑橘類の中でも特にビタミンCが多いレモン。
肝臓の働きを活発にし、解毒作用もあるため二日酔いに効果があります。

2.お酒を飲んだ後に摂ると良い飲み物とは?

2-1.緑茶

カフェインが含まれている緑茶。
特に、煎茶にはビタミンCもたっぷり含まれています。

一般にタンニンと呼ばれる渋み成分であるカテキン類の含有量はトップ。
タンニンはアセトアルデヒドを無毒化するとともに、利尿作用があるためより早くアルコールを排出してくれるでしょう。

特に、悪酔したときは10gのお茶の葉を3カップの水で、半量になるまで煎じて飲むと効果があります。

2-2.コーヒー

緑茶と同じカフェインが含まれているコーヒー。
多く含まれているカフェインが脳を刺激することで、気分的にスッキリします。

また、アセトアルデヒドの毒性による頭痛を緩和します。
利尿作用があるためアルコールの排出を促しますが、水分補給を忘れずに行いましょう。

2-3.ココア

赤ワインと同じ抗酸化作用のあるココア。
多く含まれているのはポリフェノールの中のケセルチンです。

特に高い抗酸化作用があります。
銅・亜鉛・鉄・カリウム・マグネシウム・カルシウムなども同時に摂ることができます。

2-4.スポーツドリンク

アルコールの代謝によってブドウ糖の産生が抑えられてしまいます。
糖分を補給しましょう。

二日酔いの頭痛や吐き気を予防するナトリウムなども素早く補うことができます。

3.お酒を飲んだ後に摂っておくと良いサプリメントとは?

体にとって毒素であるアルコール。
肝臓はまず、アルコールの代謝を行います。

胃腸では栄養の吸収が妨げられてしまうことに。
お酒を飲んだ後に効果があるのは、アルコールの解毒やさまざまな代謝を促進するサプリメント。
アルコールの分解を促進するものを選びましょう。



一押しのサプリはレバリズム・Lです。



どんな成分が二日酔いに効果のある成分なのかも確認してみましょう。

3-1.タウリン

肝臓の機能回復効果が高いため、医療用医薬品としても使用されているタウリン。
胆汁の分泌を促してアルコールの分解を早めてくれます。

3-2.クルクミン

生薬としても知られているクルクミン。
アルコール分解能力が高く、解毒作用や胆汁の分泌促進など肝臓のさまざまな働きを強化します。

特に、50歳以降は急激に低下する解毒酵素や抗酸化酵素。
クルクミンの働きは大きな意味を持つでしょう。

3-3.セサミン

アルコール分解酵素の働きを促進するセサミン。

抗酸化力も強いため、アルコールによって生体内の細胞の脂質が酸化するのを抑えて、肝臓の機能を改善してくれます。
滋養強壮や疲労回復効果もあります。

3-4.アラニン

肝臓そのものを修復してくれるアミノ酸の一種であるアラニン。
肝機能を高めて、アルコールの分解を促進します。

シジミやアサリなどの貝類に多く含まれているアラニン。
「二日酔いにはしじみの味噌汁が良い」と言われる理由は、アラニンの効果によるものです。

3-5.スルフォラファン

第7の栄養素でファイトケミカルの一種であるスルフォラファン。
実際に、動物実験でも悪酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの代謝を促すことが報告されています。

アルコールを分解する解毒酵素を促進。
その分解力はウコンの20〜25倍もあります。
肝機能を高めてくれるでしょう。

3-6.オルニチン

有毒なアンモニアを除去してくれるオルニチン。
主に、肝臓に存在しているオルニチンサイクルと呼ばれる代謝経路の一部を構成しています。

オルニチンはその働きを活性化させ、肝臓全体の機能を維持してくれます。

また、肝臓を保護するだけでなく、疲労回復作用も。
毎日の疲れを抑えて、質の良い睡眠や目覚めの良さにも効果があります。

3-7.Lシステイン

タンパク質を構成するアミノ酸の一種であるLシステイン。
肝臓に多く存在し、さまざまな代謝に関係。

アセトアルデヒドの分解を助けて、アルコールの分解速度を速めてくれます。
アルコール中毒の予防にも効果があります。

3-8.ビタミンB群

アルコール性肝炎などの治療で、大量に投与される方法が行われるビタミンB群。

通常、アルコールの分解を行うために働くのは、アルコール脱水酵素(ADH)やアセトアルデヒド脱水酵素(ALDH)。

ただ、アルコールの分解が追いつかなくなると、肝細胞のミクロソーム・エタノール酸化系(MEOS)も分解のために働くことに。
このMEOSで多量のビタミンB1が消費されてしまいます。

また、アルコールの代謝に追われる肝細胞。
体の害になるフリーラジカルが発生しやすく、抗酸化ビタミンで消去します。

この抗酸化ビタミンによる消去が追いつかなければ、著しく増加する過酸化脂質を分解するために、ビタミンB2が多量に消費されます。
その結果、アルコール性肝障害を招く可能性が高くなります。

特に、ビタミンB1はLシステインとの組み合わせが効果的。
アセトアルデヒドの分解能力が非常に良くなります。

アルコールによって失われるビタミンB9やビタミンB12も補いましょう。
疲労感が緩和されます。

3-9.ビタミンC

腸管から吸収されて、血液中に入ったアルコール。
その多くが肝臓で分解されますが、アルコールが腸管でビタミンCの吸収を阻害してしまいます。

そのため、お酒を飲む量が多い人は、お酒を飲まない人よりも血中ビタミンC濃度が低い状態になります。

肝機能の回復を早めるためにもビタミンCは欠かせません。
薬物代謝酵素を活性化して解毒作用を高めます。

また、ビタミンCは人体の細胞組織や血管などの成長や修理を行うコラーゲンの材料を作り出すためにも働きます。
特に、ビタミンCの吸収を助けるビタミンP入りのサプリメントがオススメです。

3-10.酵母

ビール酵母やリポ酸酵母などの酵母や酵素入り。
実際に、ビール酵母は肝臓がんの抑制作用があることや、肝硬変患者の生存率を高めたという報告があります。

アルコールの分解に直接作用。
肝機能を改善したり、胃のむかつきを軽減したりしてくれます。

3-11.亜鉛

細胞の分裂と再生に関わっている亜鉛。

細胞や組織の代謝に欠かすことができない多くの酵素の構成成分です。
アルコール分解に関係するアルコール脱水酵素の働きを促進してくれます。

4.お酒を飲んだ後に摂っておくと良いドリンクとは?

4-1.ノ・ミカタ

アルコールやアセトアルデヒドの分解を促進するアラニン。
約30分で吸収されるため、二日酔いを早く改善します。

また、アルコールで損傷した肝臓の修復を行うアスパラギン酸。
アルコールを体外への排出を早めてくれます。

清涼飲料水などの酸味料として使われているクエン酸が含まれており、すっきりと飲みやすくなっています。

4-2.ヘパリーゼドリンク

医薬品として販売されているヘパリーゼドリンク。
肝臓に作用するのは、天然の良質なレバーを効率よく消化吸収できる形にした肝臓水解物。

必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸や核酸前駆物質も、細胞の再生効率を高めてくれます。
翌日の疲労感やだるさにも効果があります。

4-3.ウコンの力

薬や漢方にも使用されているウコン。
肝機能を増進してくれます。

他にも含まれているのが希少成分ビサクロン。
二日酔い改善の効果や肝細胞障害を抑制する機能があります。

ビタミンB群、ナイアシンも効果あり。
スッキリ飲みやすくなっています。

4-4.液キャベコーワA

8種類の健胃生薬成分が配合されている胃腸薬です。
胃の機能を亢進。
吐き気や胃のむかつきに効果があります。

4-5.supaliv

アルコール代謝酵素をサポート。
二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドを分解したり中和したりしてくれます。

8種類の抗酸化成分や高い比率のLシスチン。
ビタミンB2やビタミンC、コエンザイムQ10なども含まれています。

胃のむかつきや頭痛などを和らげ、辛い二日酔いを早く回復してくれます。



5.お酒を飲んだ後もお水を飲むと良い理由とは?

内に残ったアセトアルデヒドによっておきる二日酔い。
水を飲んで水分を補給しましょう。

尿をたくさん出すことで、体外へ早く排泄できます。
寝る前や翌朝起きた時にコップ一杯の水を飲むことを忘れずに。
小まめな水分補給で二日酔いを予防しましょう。

ミネラルウォーターにもいろいろな種類がありますね。
美味しいと感じる人が最も多いのはミネラル分が少ない軟水です。

一方、二日酔いのときに飲むと良いのは、ミネラルが豊富なアルカリイオン水や海洋深層水です。
アルカリイオン水はカルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富。

体に吸収されやすく、胃酸過多や消化不良など消化機能の回復効果があります。
海洋深層水もミネラルが豊富、かつ健康効果があります。

栄養補給と水分補給が同時にできるため、疲れているときに飲むと肝機能を改善できます。
ただし、二日酔いが体に与える影響はアルコールの分解による肝臓への負担だけではありません。

長時間の飲食で胃腸が疲れて、消化器官の働きが低下。
余分な水分を排出できず、体内にたまった状態になりやすくなっています。

飲みすぎた翌日は早めに水分代謝を促しましょう。
水太りやむくみなどを解消することも大切ですから、利尿作用が高いものを飲むことも重要です。

%e3%81%8a%e9%85%92%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%93%e3%81%a0%e5%be%8c

まとめ

肝臓内でアルコールを分解する酵素。
その能力には限界があります。

また、アルコール以外にも体に有害な物質を分解して無毒化する肝臓。
たくさんの処理を行っています。

翌日も元気に仕事をするために。
自分の安全な量を知って飲み過ぎないようにしましょう。