あなたの行動がハゲにつながる!?薄毛の意外な3つの原因。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
あなたの行動がハゲにつながる(2016.2.11)

30代40代になり、これから心配になるのは薄毛。

実は薄毛の原因は身近な生活の中にも潜んでおり、普段の何気ない行動が薄毛や抜け毛につながることも。
それらの対策に、すぐに始められる防止策をご紹介します。

薄毛や抜け毛

働き盛りの30代、40代になると、上司の厳命や部下の要望、子どもの進学や教育上の問題など、家庭や仕事で様々なストレスを抱えることも増えてきます。

そんな男性が悩みがちなのが、薄毛や抜け毛といった、髪に関するトラブル。
ある日何気なく鏡を覗いてみると、円形にハゲてしまっていたり、ごっそり髪が抜け落ちた…なんてことがあればショックですよね。

実はストレス以外にも、生活の中に薄毛や抜け毛の原因は潜んでいます。
今回はそれらの原因や、すぐにできる髪トラブル対策をご紹介いたしますので、髪トラブルに悩むことのない生活を送りましょう。

原因1:花粉症が抜け毛に?

春は花粉症のシーズンです。
毎年スギやヒノキなどの花粉で鼻やノドがダメージを受けて、生活しづらいという方も少なくないのではないでしょうか?

実は、この花粉症が抜け毛の原因になることが明らかになりました。
正確には花粉症ではなく、「鼻やノドの炎症」ですが、花粉症もその炎症にあたります。

花粉症によって鼻やノドに炎症が発生してしまうと、腎臓近くにある副腎から出る「コルチゾール」の量が減少してしまいます。
このコルチゾールが減少してしまうと、抜け毛の原因につながってしまうのです。
また抜け毛だけでなく、慢性疲労やアレルギー、記憶力など脳機能の低下や動脈硬化などの形として現れることもあります。

毎年花粉症になっていて何の対策もしていない方は、一度何らかの対策をしてみることをおすすめします。

原因2:保湿ケアのしすぎ

「乾燥は肌の天敵」として、化粧水などでしっかりとケアをすることは大切です。
しかし度を超えて化粧水を使ってしまうと、逆に抜け毛や薄毛の原因になることもあります。

特に髪が薄くなった部分に、過剰に化粧水を使っている方は要注意です。
1日に4回、5回などの化粧水の使用は、肌が水分不足となって逆に乾燥につながります。

化粧水は使いすぎることなく、適量の使用を心がけましょう。
また化粧水を使用した後、乳液を使うなどをすればさらに効果的です。

原因3:シャンプーの仕方にご注意!

シャンプーをする際も、適当に髪を洗って自然乾燥に任せる…このようなことをすれば、髪はダメージを蓄積してしまいます。
できればシャンプーはシャンプーブラシを使って行うと、成分が頭皮に優しくいきわたります。

また濡れた髪は頭皮を冷やしてしまい、髪に栄養がいきわたらなくなるので、必ずドライヤーを使うことが大切です。
シャンプー後のリンスも「頭皮」を洗うのではなく、「髪そのもの」を洗うように使いましょう。

その他:薄毛の原因にはこんなのもある

飲み会や歓送迎会が多くなる時期は、アルコールの過剰摂取に気をつけましょう。
アルコールは肝機能の低下や糖分の摂取につながり、皮脂の分泌が増加してしまいます。

多すぎる皮脂は毛穴をふさぎ、雑菌を増殖させるため、抜け毛の原因といえるでしょう。

また、焼き肉など動物性の肉をよく食べられる方も注意が必要です。
肉類は上記の「鼻やノドの炎症」に関わる可能性がある食品ですので、食べすぎると薄毛の原因になります。

ストレスも薄毛や抜け毛の原因になりますが、心と身体では感じるストレスが違うことにも注意です。

例えば、43度以上の熱いお風呂によく入られる方は、いくら熱い風呂が心地よくても、身体はストレスに感じてしまいます。
そのため知らないうちにストレスに感じ、抜け毛などの原因につながることがあります。

あなたの行動がハゲにつながる(2016.2.11)

まとめ

抜け毛や薄毛の原因は、生活の様々な場面に隠されています。
それらの対策は、そんな生活の中の一部分をほんの少し変えてみるだけでできることばかりです。

ストレス社会に負けず、これから自分の髪を守っていくために、普段から意識して取り組んでいきましょう。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

当サイトに寄稿してくれるパートナーのライターさんたちです。 当サイトでは寄稿していただけるパートナーのライターさんたちを募集しております。ご興味のある方はお問い合わせ頂けたら幸いです。 実名またはライターネームを使用してご自身の宣伝をしていただくことも可能です。報酬は都度相談させていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*