職場&家で戦うあなたに!しっかり睡眠でストレス解消とダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
職場で&家で戦うあなたに!(2016.3.8)

誰もが大切なのはわかっていても、きちんととれないのが睡眠ではないでしょうか。

しっかりと眠ることは、ストレス解消ができて健康維持につながるだけではありません。
実は睡眠はダイエットにも有効なのです。

1.睡眠時間をきちんととる大切さ

睡眠時間をきちんととることは、身体のコンディションを整えるだけではありません。
現代社会で生きる限り、たまってしまうストレスを解消することにもつながります。

人間に必要な7時間~8時間睡眠よりも、現代人は1時間から2時間も不足しているといわれています。
仕事のスケジュールや、つきあい、家族との時間などがあり、睡眠時間を長くしようとしても難しい部分もありますね。

ですが、できるだけ睡眠時間を確保するようにしましょう。
なぜかというと、眠っている間に白血球がたくさんできて免疫力アップを可能にしてくれるからです。

風邪などの病気の時には、しっかりと眠ることが大切と誰もが意識します。
けれど、病気の時以外にも、毎日適切な睡眠時間をとることは重要なのです。

実は身体では毎日何らかの炎症が起こっています。
目に見えて分かるものばかりではなく、徐々に心臓などに影響を及ぼす恐れもあるのです。

こういった炎症をリカバリーしていく力も、睡眠にはあります。
このように心臓の働きにも睡眠が関係することから、血圧管理が気になる方にとっても、睡眠時間は意識したいものなのです。

2.眠ることがダイエット?

徹夜をすると太ってしまう、夜遅くなるほどお腹が空いて食べてしまう、こんな経験をした方は多いのではないでしょうか。

そう、睡眠は体重管理にも直結するのです。
きちんと睡眠時間をとるだけで、理想的な体重を保つことができると聞くと、「きちんと寝よう!」と思えますよね。

実は、睡眠中に分泌されるホルモンが睡眠と代謝に大きく関係しているのです。
簡単にいってしまうと、眠っている間に出ているホルモンは、食欲を抑え代謝を上げてくれます。
逆に睡眠不足が続くと出てくるホルモンは、食欲をアップさせるのです。

ただし、長く寝れば痩せるというものではありません。
人によってベストの睡眠時間には違いがあります。
この睡眠時間を知って、適切な睡眠をとるようにすることで、ダイエットにも効果が求められるのです。

3.いつまでも健康を保ちたい!

ずっと健康でいたいという気持ちは、誰もが持つものです。
健康を保つためには、できるだけ老化を遅くするということ。
つまりアンチエイジングも肝心でしょう。

老化を遅くするためには、成長ホルモンが大切になります。
眠っている間に成長ホルモンが分泌されているということを聞いたことがありますよね。

成長ホルモンは、成長期にある子供だけに必要なものではなく、もちろん大人にとっても大切なものです。
成長ホルモンと聞くと、身長を伸ばす…といったことを連想してしまいますね。
しかし、成長ホルモンは古い細胞を修復し、再生する働きをしてくれます。

スポーツなどをして健康維持しようと考えている方は、睡眠も必ずセットで行うことを意識しましょう。
スポーツで傷ついた筋肉や細胞を、睡眠で回復しなければまったく意味のないものになってしまいます。
アンチエイジングは、まず睡眠時間の確保から始めましょう。

4.しっかり眠るのって意外と難しい

とはいっても、毎日すっきりと目覚め「よく寝た!」と実感できる睡眠をしている方は少ないでしょう。

少しでも睡眠時間をとるためには、リラックスした状態で眠りにつくことが大切です。
男性なら、女性のようにアロマテラピーを取り入れるといったことはちょっと億劫ですよね。

まず、枕やマットレスの素材などを見直してみましょう。
もちろん枕は高さも要注意です。
他にはシーツや掛布団など、身体に触れる寝具にこだわってみることもおすすめです。

眠る3時間前を過ぎたら、アルコールの摂取はしないこと、カフェインを摂る時間は午後早めにすることなどで、ぐっすりと眠れる状態を作るようにしましょう。

5.しかし睡眠をストレスにはしない

眠らないといけない、と考えていることはストレスになってしまいます。
寝ようと意識するほど、眠さが飛んでしまったことがあるでしょう。

「7時間眠るのがベストなのに、6時間しか眠れなかった…。1時間足りない!」と、きっちり計算しすぎるのもストレスとなります。
寝だめなどはできませんが、ある程度の睡眠時間は自分でコントロールするようにしましょう。
飲みに行く回数を減らして、お風呂に浸かって入眠しやすくする、といったことも1週間単位で計算するようにします。

またどうしても仕事のことを考えて、スッと眠りにつけないということもあるでしょう。
そんな時には、リラックス効果のあるサプリメントなどを摂取することもおすすめです。

ハーブが主体のものも多く、常飲しないといけないということもありません。
なかなかスムーズに眠りにつけないことで焦りを感じてしまうなら、サプリの力を借りてみましょう。

職場で&家で戦うあなたに!(2016.3.8)

まとめ

仕事が忙しいと睡眠時間を削ろう、遊びに行きたいから眠らない、こういったことを誰もしてしまいやすいです。
1日の疲れを睡眠でとることは、健康やダイエットなど身体のために絶対に必要なこととなります。

休日に寝だめという作戦は、実は効果がありません。
規則正しい生活で、睡眠時間をコンスタントにしておくことのほうが、体調管理には重要な点となるのです。

毎日7時間~8時間しっかりと眠ることが難しいなら、睡眠の質を高めることを意識してみましょう。
リラックスして眠りにつくこと、部屋をしっかりと暗くすることなどでも、高い質の睡眠がとれるでしょう。

睡眠の質がよくないと、睡眠時の消費カロリーは激減してしまうといわれています。
朝起きた時に、昨日の疲れがなくなっている状態が理想な睡眠です。
時間プラス質をいつも意識するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

当サイトに寄稿してくれるパートナーのライターさんたちです。 当サイトでは寄稿していただけるパートナーのライターさんたちを募集しております。ご興味のある方はお問い合わせ頂けたら幸いです。 実名またはライターネームを使用してご自身の宣伝をしていただくことも可能です。報酬は都度相談させていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*