『そのままで大丈夫!?』大人だからこそ歯の定期健診に行こう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
大人だからこそ歯の定期健診!!(2016.4.19)

みなさんは、歯の定期健診を受けていますか?
大人だからこそ歯の状態を知ることは大切です。

虫歯で大切な休日や労働時間を奪われる前に定期健診を受けて、未然に防ぐことが大切なのです。
その理由をご紹介します。

1.痛みが出てからでは手遅れ!?

大人になってから歯の定期健診を積極的に受ける人は少数です。
子供の頃であれば、学校での定期健診があったので嫌でも受けなければなりませんでした。

しかし、社会人になってからは健康診断はあるものの歯に関する健康診断はありません。
そのため、自然と受診しなくなっていくのです。

歯の痛みなどの自覚症状が出てきて、歯科医院を受診しようと思う人がほとんどですが、それでは手遅れです。

歯の痛みというのは虫歯の進行度的には最終段階にあるため、完治には長い時間が掛かります。
又、その度に会社を休まなければならず、自分だけではなく会社にも大きな迷惑をかける事になります。
歯を削ったり銀歯などに差し替えるとなれば、費用も掛かりコスト面でも無駄な消費になります。

2.虫歯は会社に迷惑をかける

忙しい社会人の中には、歯の痛みなどの自覚症状が現れたとしても、市販の鎮痛薬で症状をごまかして働き続ける人もいます。
これは最悪のパターンです。

鎮痛薬でごまかしている間は痛みも何もありませんが、虫歯は確実に進行しています。
そして、鎮痛薬を飲んでも痛みがなくならない段階になると、口を空けるだけでも激しい痛みが襲うようになります。

歯を通る神経は脳に近いところにあるので、痛みの中でも特に辛い部位と言われています。
こうなると、当然仕事は出来ず病院に行くことになります。

この状況だと虫歯の菌は神経まで確実に届いているので、場合によっては入院しなければならないときもあります。
こうなると先ほどと同様、会社に大きな迷惑をかけることになります。
又、菌が神経から体内に入って入院となった場合は、さらに会社に迷惑をかけてしまうでしょう。

3.歯の汚れは口臭の原因に。定期健診のメリット

虫歯などの自覚症状がない場合でも定期健診はメリットがあります。
歯には自覚症状がなくても歯垢や歯石が出来てしまいます。
どんなに歯磨きが上手い人でも完全にそれらを取り除くことは出来ないのです。

そして歯垢や歯石は口臭の大きな原因とも言われています。
雑菌が溜まりやすく栄養もあるので繁殖し、その雑菌の死骸が臭いの原因になるのです。

接客業や営業職をしている人であれば口臭は重要な問題になります。
それ以外の方でも人と話す際に口臭が酷いと、それだけで敬遠されてしまう可能性もあります。

口臭などは、ないに越したことはありません。
歯垢は自力で取り除くことも可能ですが、歯石は硬いので歯科医院で取り除いてもらわないといけません。
定期健診のときに歯石があればその日のうちに取り除くこともできます。

4.歯科医院で正しい歯のケアを

最近は虫歯だけでなく知覚過敏症の患者が多いです。
知覚過敏の原因は、普段の生活の何らかによって歯のエナメル質が削れたことによって、エナメル質の下にある象牙質が露出されて起きる症状です。

知覚過敏症になるプロセスは人それぞれで一般人の私達にはわかりません。
しかし、定期健診で歯科医師と相談しながらそのプロセスを探ることは可能です。

もし歯磨きの仕方に問題があるようであれば、歯磨きの仕方を指導してくれます。
食生活に問題があるようであれば、食生活を見直します。
噛み合わせによる知覚過敏症であれば矯正することになります。

知覚過敏症は虫歯や歯石のように、短期間で完治するものではありません。
エナメル質が回復するまでには時間がかかります。
医師の指導を受けながら治療していくので、自己流で市販の薬を使用していては治るものも治りません。

5.定期健診の重要性

大人になるに連れて、だんだん歯への関心をなくしがちです。
外傷や風邪のように目に見えず、自覚症状も少ないためです。

しかし、歯に関する病気は私達のQOLを著しく低下させる要因です。
そうなれば、仕事のみならず生活にも大きなストレスを感じるようになります。

又、虫歯は過去に死亡例もあるほどで、決して安易に考えてはいけません。
虫歯は勝手に治ることはありません。

定期健診を受けて早期に発見されれば、大きな治療をせずに最小限の負担で済みます。
視覚過敏症も市販の薬や鎮痛薬でごまかさず、いつもと違う様子を感じたらすぐに診てもらう事で早く完治することもあります。

口臭も自覚症状がない場合が大半です。
自覚症状があるのであれば、それは相当な口臭といえます。
そうなる前に歯科医院で取り除いてもらうのは難しいことではありません。

時間がない社会人だからこそ、年に何回かの定期健診を受けて無駄な時間を浪費しないようにするのがいいのではないでしょうか。

大人だからこそ歯の定期健診!!(2016.4.19)

まとめ

働き盛りの時ほど、身体のことには時間を掛けられないと思います。

しかし、一時間程度の定期健診を受けることでリスク回避できるのであれば、少しの時間を消費したとしても損とはいえないと思います。
是非、定期健診を受けるようにしてみてください。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

当サイトに寄稿してくれるパートナーのライターさんたちです。 当サイトでは寄稿していただけるパートナーのライターさんたちを募集しております。ご興味のある方はお問い合わせ頂けたら幸いです。 実名またはライターネームを使用してご自身の宣伝をしていただくことも可能です。報酬は都度相談させていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*