目の疲れが原因で鬱になる!?眼精疲労の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%e7%9b%ae%e3%81%ae%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%80%81%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa

仕事でのパソコン作業などで目を酷使したり、頭痛がしたことはないですか?

それは目に疲れとストレスが溜まっている状態です。
それを眼精疲労と言います。

眼精疲労は放っておくと、鬱になる可能性があります。
今回は、眼精疲労の症状と予防法、サプリで有名なブルベリーの効果を見ていきましょう。

1.目の疲れの種類と症状

目の疲れには2種類あります。

軽い目の疲れは眼疲労といいます。
そして眼疲労よりも酷く、目の疲れによって起こる色々な症状の事を眼精疲労といいます。

目に疲れやストレスが蓄積すると、目が充血し赤くなり、霞んで見えたり視力が悪くなったりします。
そして、頭痛や吐き気や肩こりや便秘などの症状が起こる場合があります。
症状が悪化すると、鬱になる可能性もありますので注意が必要です。
(オススメ記事→働く男性のストレスマネジメント

2.病気が原因で眼精疲労が起こる

眼精疲労は目の病気によって起こる場合もあります。

どのような病気かというと、ドライアイという症状があります。
ドライアイとは、目を酷使し過ぎて目の表面が乾いてしまい、角膜が露出して目にダメージが受けやすくなり、目が充血したり痛くなったりする症状です。

眼精疲労の人は、ドライアイになっている可能性が高いです。
そして、角膜炎・結膜炎・緑内障になっている時も、眼精疲労になることが多いです。
これらのような病気で眼精疲労を起こしている時は、病院に行って治療することが重要です。

3.眼精疲労は休養しても治らない

目に疲労を感じたら休むことが大切です。

しかし重度の目の疲れ(眼精疲労)の時は、休養しても簡単には症状が改善されません。
もしちょっと良くなっても、またすぐに悪化してしまいます。

眼精疲労が酷くなると、鬱になりやすいと言われています。
体調が悪いのが原因でストレスが溜まり、情緒不安定になって自律神経のバランスが悪くなることが、鬱になる原因ではないかと考えられています。

4.眼精疲労によって起こる症状

4-1.ぼやけて見えたり霞んで見える

眼精疲労になると、目が霞んだり見えにくくなります。
そして目が重く感じたり、時には痛みを感じることもあります。

単純にただの疲労だと軽く考えないでください。
悪くなると視力が低下する可能性もあります。
目が疲れたな~と思ったら、休養をしましょう。

4-2.頭痛

眼精疲労になると、血管や神経が刺激されることによって頭痛が起こります。
そして、吐き気が出ることもあります。
なぜ吐き気が出るのかというと、仕事などの過度のストレスが原因となって起こります。

4-3.肩が重い

目を酷使し過ぎると、目の周りの筋肉が疲労を起こします。
その疲労がどんどんと肩まで広がっていき、肩の筋肉が硬くなって血行がわるくなり肩こりを起こします。
その為、肩が重く感じるのです。
肩こりは、頭痛や吐き気が起こる原因にもなります。

5.眼疲労の症状を軽減させる方法

5-1.ストレッチ

眼疲労によって肩がこった場合は、ストレッチをすると良いです。
肩こりは肩の血流が悪くなって起こるので、ストレッチをして肩の血行を良くしてあげましょう。

5-2.ツボを押す

目に疲れを感じたら、ツボを押したり、揉んだりすると目の疲れを軽減できます。
一時的かもしれませんが、とても効果的です。
あまり強く揉んだりしないで、丁度良い力加減でツボを押したり揉んであげましょう。

5-3.温かい蒸しタオルで目を温める

蒸しタオルで目と目の周りを温めることで、血行が良くなり固まった筋肉をほぐしてくれます。
そして溜まっている老廃物を排出してくれます。
その為目の疲れが軽減できるのです。

5-4.目の周辺、こめかみを冷やす

目の周辺やこめかみをひやすことによって、頭痛が良くなる場合があります。
冷やすと血管の拡張がおさまり頭痛が良くなるのです。

頭痛は、日の光で刺激を受ける時があるので、その時は暗い所へ行くといいでしょう。
そして頭痛にはコーヒーや紅茶に含まれるカフェインが良いと言われています。

5-5.アロマを使う

仕事などで目が疲れたらアロマでリラックスしてみるのも効果的です。

リラックスすることによって、筋肉の緊張がほぐれ、血行が良くなり肩こりなどの解消に役立ちます。
ミントやベルガモットの香りにはリフレッシュする作用が強いのでおすすめです。

また目の疲労をとるのに休養をとることも大切で、ハーブの香りを嗅ぐとリラックスして寝つきが良くなりますので、アロマを効果的に利用すると良いでしょう。

5-6.薬を飲む

最終手段として薬を飲んでみることも、時には必要です。

これらの事をいろいろ試しても効果が出ない場合は、薬を飲むことによって眼疲労の症状を和らげることができます。
頭痛がしたり吐き気がしたら、すぐに飲むことがとても効果的です。

市販薬では頭痛に効く薬はいろいろ種類がありますが、内蔵への負担の少ない物を選ぶと良いでしょう。

その薬として有名なのが「ロキソニン」ですが、ロキソニンで止められるのは緊張型頭痛です。
片頭痛や群発頭痛の時は、病院に行って専用の薬を処方してもらいましょう。

市販の薬を飲んでも頭痛が改善しない場合は、速やかに病院に行ってください。

6.眼精疲労に効果のあるサプリメントの成分

眼精疲労を軽減する方法として、サプリメントを摂ることも効果的です。
どのような成分が入っているサプリメントが良いのかというと、ルテイン・アイブライト・アントシアニン・アスタキサチン・クロセチンです。

ルテインは緑色野菜に含まれるカロテノイドという成分の一種です。
紫外線と酸化から目を守る効果があります。

目にとても有害なブルーライトを吸収してくれる効果があり、テレビやパソコンやスマートフォンから出る有害な光から目を守ってくれます。

これらの光は紫外線よりも強い為、目に与えるダメージは大きくなります。
そのためルテインは、仕事などで長時間パソコンを使用する人にとっては効果的な成分です。

アイブライトはとても古くから目の健康の為に使用されてきたハーブの一種であり、目の炎症を抑え眼疾患を予防し血流をよくする効果があります。
そして毛細血管を強化してくれる働きもあります。

アントシアニンはブルーベリーやカシス、茄子などに含まれている成分で目の働きを良くする効果があります。
そして毛細血管を強化してくれたり血流を改善したり、コレステロール値の改善やアレルギーの緩和、癌の抑制作用があります。

アスタキサチンの効果はルテインと似ており、紫外線を受けて出る有害物質を排出してくれる抗酸化作用があります。

クロセチンは抗酸化力にとても優れており、古くから漢方として使用されています。細胞に栄養を供給しやすくし、溜まった老廃物を排出し、目の血行を良くする効果があります。

7.おすすめのサプリメント

眼精疲労には、ブルーベリーなどのサプリメントがオススメです。

ビルベリーエキスが入っており目の疾患に効果的です。

そして眼精疲労に良いポリフェノールも入っています。
眼精疲労を改善するのに良い成分のルテイン・アイブライト・アントシアニン・アスタキサチン・クロセチンが含まれています。
眼精疲労の人は積極的に摂るようにしましょう。

商品としては、「ブルーベリーアイ」・「アスタブライト」・「えがおのブルーベリー」などがあります。
自分の好みに合ったサプリを選んでくださいね。

%e7%9b%ae%e3%81%ae%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%80%81%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa

まとめ

目が疲れたな~と感じたり、眼精疲労の予防をするためにも、目を酷使しすぎないことと、たまに目を休ませることと、そしてサプリメントも摂取すると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

当サイトに寄稿してくれるパートナーのライターさんたちです。 当サイトでは寄稿していただけるパートナーのライターさんたちを募集しております。ご興味のある方はお問い合わせ頂けたら幸いです。 実名またはライターネームを使用してご自身の宣伝をしていただくことも可能です。報酬は都度相談させていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*