筋トレでコレステロールが減らせる!?筋トレの意外なメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ダイエット、コレステロール

コレステロールと聞くと、みなさんどのようなイメージがあるでしょうか。

「太る原因」「体に悪い」といったイメージをお持ちの方が多いかと思います。
しかしそんなコレステロール、以外にも筋トレなどの運動で減らせるという見解が最近話題となっています。
どういうことなのか、さっそく見ていきましょう。

1.「悪玉」コレステロールと「善玉」コレステロール

よく見聞きする「コレステロール」。
これは体内の肝臓で合成される細胞をいい、大きく分けて「悪玉」コレステロール(LDLコレステロール)と「善玉」コレステロール(HDLコレステロール)に分かれます。

読んで字のごとく、「悪玉」コレステロールは体に悪影響を及ぼすことが多い細胞です。
体内に多く存在すると血中には悪い成分が多く漂うことになり、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

逆に善玉コレステロールはその悪い悪玉コレステロール回収する役目を持っています。

そのため体に悪影響を及ぼす悪玉コレステロールを減らすべく、コレステロールが多く含まれる食品を控える人も多くいます。

2.コレステロールを上げる食品、下げる食品

よく「コレステロールの高い食品」などと言われることがありますが、実は血中に漂うコレステロールの80%は肝臓でつくられます。

つまりコレステロールが多く含まれた食品というより、体内に摂取して肝臓でコレステロールに変えてしまう食品に注意をしなくてはいけません。

その原因となるのが「飽和脂肪酸」と呼ばれる脂肪を多く含んだ加工食品です。
これは油を多く含んだ肉類、ベーコン、ソーセージ、バター、スナック菓子、などが当てはまります。

逆に体内に取り入れてもコレステロールに合成しにくい脂肪を「不飽和脂肪」と言い、ごま油、豆腐、魚介類、油揚げ、大豆などが当てはまります。

コレステロール値が高い方はなるべく飽和脂肪酸を避け、脂肪を摂取するときは不飽和脂肪を意識して取った方がよさそうです。
(オススメ記事→脂肪肝の主な原因は食事!食事が肝臓に与える影響とは?

3.実はコレステロールは筋トレに役立っている!?

コレステロールと聞くと、特に悪玉コレステロールに関してはとても体に悪く、体に一切不要なイメージがあります。

しかしここ最近、低いコレステロール値を持っている人は「運動を積極的に行っても筋肉がつきにくい」という研究結果が発表されています。

これは一般的な筋トレであるマシンエクササイズ、ウェイトリフティングなどを行った結果です。
被験者である方数名に約3か月にわたり、筋肉がつきやすい筋トレのトレーニングを行ってもらい、同じ食事をとってもらいました。

その結果被験者の方すべて筋肉質な体つきに変化することができましたが、コレステロール値の値が高い方ほど筋肉量が増加したのです。(テキサス A&M 大学の健康キネジオロジ学の助教授のスティーブン・リーチマン ( Steven E. Riechman )、 Journal of Gerontology 誌に寄稿した研究結果による)

体に悪影響なイメージの多いコレステロールですが、筋肉を体内に増やすにはある程度のコレステロールが必要ということが言えそうです。

4.筋トレとコレステロールの関係

しかしだからといって、筋トレに効果的だからコレステロール値を上げても良いというわけではありません。

コレステロール値があまりにも高いと動脈硬化を引き起こし、最悪の場合死に至らしめるような結果になってしまいます。

ただもう一つ注目しておきたいのが最近のコレステロールに関する研究結果です。

日本動脈硬化学会の発表によると
「高値となった血中LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らすためには、生活習慣、運動、食事など包括的に修正することが大切であり、コレステロール摂取のみを制限しても改善はほとんど期待できない」
と明言しており、食品による制限だけでコレステロール値を下げるのはほぼ不可能と言っています。

つまりコレステロール値を下げるにはストレスなど体に負担のかかる生活習慣を見直すことはもちろん、運動も積極的に取り入れるよう助言しています。

5.筋トレでコレステロールを減らそう

コレステロール値を下げるには食品だけ気をつけるのではなく、積極的な運動も必要ということが分かりました。
特に筋トレにおいてはコレステロール値を安定させる効果もありそうです、その理由は2つあります。

1.筋トレを行うことで体内の脂肪が分解される

2.脂肪が分解されるのと同時に血中における「善玉」コレステロールが増え、「悪玉」コレステロールを減らすことができる

筋トレだけで悪玉コレステロールを壊滅させるというのは不可能ですが、体内にあるコレステロールを悪玉から善玉へ増やす作用は期待できそうです。
(人気記事→腹筋の100倍の効果!?朝のスクワットで簡単ダイエット

またもともとコレステロール値が高いという方は、筋トレの際摂取するプロテインを大豆であるソイプロテインに変えてみても良いでしょう。
不飽和脂肪である大豆は血中コレステロールを低下させてくれる作用もあります。

ダイエット、コレステロール

まとめ

一般には体には悪いイメージのあるコレステロールですが、コレステロールがあることで筋トレ効果を高め、筋肉量を増やしてくれる効果も分かってきました。

しかし悪玉コレステロールがたくさん存在するとやはり体には悪影響であり、これを筋トレなどの運動によって減らせるという研究結果も出ています。
極端にコレステロール値を上げる、下げる、というのはどちらもあまり良いことではなさそうです。

自分の体のバランスを考え、積極的に筋トレを行いながらコレステロール値もコントロールしていきましょう。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

当サイトに寄稿してくれるパートナーのライターさんたちです。 当サイトでは寄稿していただけるパートナーのライターさんたちを募集しております。ご興味のある方はお問い合わせ頂けたら幸いです。 実名またはライターネームを使用してご自身の宣伝をしていただくことも可能です。報酬は都度相談させていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*