お腹はすいていないのに食べちゃう人必見!食欲をコントロールする方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%e3%82%a8%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

1日3食を適正な量と栄養バランスを考えて摂っているのに、仕事場や営業先、運転中になんだか口寂しくて食べ物や甘い飲み物を口にいれてしまう。

折角のダイエットが、あっという間に水の泡。
こんな経験のある方も多いかと思います。

これは人間の、ある本能の働きによるものなのです。
今回は、その食欲をコントロールする方法をご紹介します。

1.衝動的な食欲・・・それは「エモーショナルイーティング」かも!?

こんな言葉は聞いたことがありますか?
「エモーショナルイーティング」

これは、ストレスや寂しさなどを食べることで補おうとしてしまう働きのことを言います。

つまり、お腹はすいていないのに、気持ちを満足させるために食べてしまう。
食べ物は気持ちを満たしてくれる作用もあるので、そういう行動になってしまうのです。
お腹がすいてもいないのに食べてしまってはカロリーオーバー。

しかも、エモーショナルイーティングの特徴として、甘いものが無性に食べたくなったり、無意識に食べてしまったり、食べすぎたと自覚はあるのに食べることをやめられないと、確実にカロリーオーバーの傾向にあるのです。

2.エモーショナルイーティングをコントロールする方法

さて、そんなエモーショナルイーティングに立ち向かう方法があります。

実は筆者もかなりのエモーショナルイーティングでした。

仕事が上手くいかなくてイラっ、同僚の言動にイラっ、電車が遅れることにすらイラっ!毎日イライラしては飴やキャラメル、甘い缶コーヒーなどをポイっと口に入れていました。

実はそれではイライラが収まることはないのですが、口に何かが入るとそっちに意識がいくことでイライラから目が逸れるのだということに気付いたのです。

しかし、それが分かったところで、結局は甘いものが食べたくてガマンするとイライラがつのって辛いので口に入れてしまう、自己嫌悪や罪悪感を招いてしまいます。

このままストレスを感じ続ければ、摂食障害となってしまうのではと思ったことすらありました。
(オススメ記事→働きざかりの今。ストレスなんかに負けません!

ただ、仕事ができる同僚達は皆そろってスリムなのです。
私は意思が弱いんだ〜なんて思っていましたが、違いました。

意思ももちろん大切ですが、簡単な方法に気付いたのです。

そう、食べたくなくなればよいのです。

エモーショナルイーティングの人は口にものを入れたいのです。
でも、周りには嫌いなものしかない!となればどうですか?

実は嫌いなものを口に入れることがポイントなのです。

3.体験談:とにかく嫌いなものを口に入れる!

私は実は甘いものは大好きですが、マシュマロが苦手でした。
そして、シナモン。アップルパイも。

誰か、人に見られている意識のある時はガマンもできるし、気をそらせることもできます。
危険なのは一人になった時。

営業に出掛ける車の中、一人でコンビニに寄った時に必ず過ちを犯してしまうのですが、それを、シナモン入りのコーヒー、アップルパイ、マシュマロと苦手なものを買うのです。

買い物をすることで晴れる部分もあるので、はじめはお金に糸目を付けずに買います。
これが、徐々に減っていきます。
当然ですよね。
好きじゃないんですもの。

そして、車の中で、どうしても口に入れたくなったら食べる。
私の場合、本当に「おえっ」となるほど苦手なので、手が止まります。

仕事を終え、嫌いなおやつセット片手に家に帰る、または帰りに夕食を食べます。
私は食後にも甘いものが食べたくなるタイプだったので食後にはマシュマロが登場。

袋をあけるのすらためらう程。
そこまでして食べたいのか、、、。と最初から自分で自分に辟易としましたが、またまた「おえ〜」となりながら。

何度もいいますが嫌いなので量は食べられません。
私の場合は、5日間でエモーショナルイーティングがおさまりました。

食べてもいいのは嫌いな甘いものだけ。

その状況をつくることで、私の脳は必要のない甘みを欲することをやめたのでした。

コーヒーへのお砂糖も、シナモンシュガーを持ち歩くことで、お砂糖を入れる習慣がなくなり、ブラックコーヒーを飲むようになりました。

コーヒーの美味しさに目覚め、缶コーヒーをやめ、少し割高でも美味しいコーヒーや紅茶をノンシュガーで飲むようになったのです。

このようになって気付いたのは、今まではあまり食べ物を味わって食べていなかったのかな、ということでした。

自分に必要な食べ物が何かを考えながら食べることで、美味しい、と思うことが増えましたし、飴やキャラメルなどで満たしていた感情は抜け出してみると大したことのない感情だったと俯瞰できるようにもなりました。

今ではなぜあんなことでイライラしていたのだろうと思うことにも。

結局83キロまで増えていた体重がエモーショナルイーティングを脱したことでじわじわと1ヶ月に2キロずつ落ちています。

今8キロ落ちたところですが、まだまだ落ちそうです。
どこまで体重が落ちるのか、楽しみに続けていきたいと思っています。

%e3%82%a8%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

まとめ

エモーショナルイーティングをし始めたのは就職して3年した頃から。

増え続けた体重、意思が弱いしダイエットなんてできないと思っていました。

でも少しのきっかけで、できないと思っていたことができたのです。
今は痩せていく自分が楽しくて仕方なく、食事は美味しく、そういう心持ちでいることで仕事もうまくいっている気がします。

失敗はあります。
思っていたようにことが運ばないこともあります。

昔ならイライラしてお菓子を食べていたんだろうな〜なんて、自分を笑ってストレス解消できるようになりました。

同じように悩んでいる方に、私の経験がお役に立てば嬉しいです。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

当サイトに寄稿してくれるパートナーのライターさんたちです。 当サイトでは寄稿していただけるパートナーのライターさんたちを募集しております。ご興味のある方はお問い合わせ頂けたら幸いです。 実名またはライターネームを使用してご自身の宣伝をしていただくことも可能です。報酬は都度相談させていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*