【ダイエット体験談】ダイエットは知識×精神力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ダイエット、体験

ダイエット、何度も挫折している方いらっしゃいませんか?

ここでは私が大切にしてきたこと、実践したダイエット法や活用したスマホアプリについてご紹介します。

1.ダイエット奮起!その後リバウンド

健康診断の結果が悪く、「よし、痩せよう!」といきなり食事制限やジョギングを始めて挫折した経験、ありませんか?

私も昔医者にメタボリックシンドロームだと言われ、躍起になって目標を高く設定。

ジョギングする、夕飯を減らす…
なんとその一ヶ月後には逆に体重が増えていました。

何故かというと、ダイエットの内容が無謀だったんですね。

もともと私は170cmで体重90kg。
朝昼晩しっかり食べるどころかさらに夕飯後の晩酌。
連日の飲み会に外食…といったところです。

それをいきなりジョギング一日5km!
夕飯はご飯抜き!
にしたらストレスが溜まるに決まっています。

娘が「ダイエットまた失敗しちゃった」といっていましたが、その時気持ちがよくわかりました。

2.ダイエットの2つの敵

ダイエットの敵はお菓子でも、ファストフードでもありません。

それは、2つあります。

2-1.アンバランスな栄養

一つ目は栄養バランスのかたよりです。

「いやいや、ただ食べる量減らせば痩せるでしょ?」じゃあその生活、いつまで続けたいですか?

ダイエットには終わりはないのです。
せっかく痩せても、また太っていた時の量を食べていたら太ってしまうに決まっています。

そこで大切になっていくのが栄養素です。

では、突然ですが問題です。
甘いものを欲しているときは何が不足しているでしょうか?

正解はタンパク質です。

チョコレートだったらマグネシウムが不足していて、塩辛いものが食べたいときはナトリウムが不足しています。

現代人は特に食が欧米化し、偏食気味で栄養素が偏りがちです。

しかしこれを理解していれば、今自分の体が何を欲しているかわかります。
体の声をしっかり聞いて、栄養バランスよく食事をするように心がけましょう。

2-2.旺盛な食欲

二つ目の敵は食欲です。

そして、それをコントロールするために必要なのが、精神力です。
精神力と聞くと「?」という感じだと思います。

でも何か食べたいと感じるのは脳ですよね。
そこで我慢する精神力がダイエットには必要なのです。

そう聞くとうんざりしてしまうかと思いますが、精神をコントロールできればダイエットを制したも同然です。

ではどうすればいいのかというと、規則正しい生活を送ることです。

しかし仕事や付き合いでどうしても生活が不規則になってしまいがちなのもわかります。

でも本当に痩せたいならできるだけ生活のリズムを整えられるように心がけましょう。

3.ダイエット体験談

ここからは私の体験談になりますが、私は前述でもお伝えした通り90kgもあり、運動も全くしていませんでした。

大好物はラーメンで、飲みにいった後はシメにラーメン屋探索するのはもう当然のようになっていました。

しかしある日、かかりつけの医者に「太り過ぎ」と言われ、一念発起してダイエットを決意。

その日からジョギングや食事制限を始めました。
しかしやはり誘惑には勝てず…

どうしてもラーメンだけはやめられなく、また徐々に体重は戻ってしまったのです。

そして自己嫌悪に陥り、また過食して…といったように悪循環になってしまいました。

しかしある日、栄養素などがどう脳に作用するか、何故過食をしてしまうのかといった特集をテレビでやっていて「ただ食事制限して運動すればいいんじゃないのか!」と度肝を抜かれました。

そこからは栄養士でもないのに食事や食材について学び始め、意識してバランスよく食事をとったところみるみる5kg痩せていきました。

私は一連のダイエットで、知識や精神力がダイエットを制すことを教わりました。

そこからは肝臓などの数値も良くなり良いことだらけです。
こういったように、精神力・知識を両方操ることによってゴールまで進んでいくことができますよ。
(人気記事→お腹はすいていないのに食べちゃう人必見!食欲をコントロールする方法!

4.おすすめのダイエットサプリ

ではここからはサポートとなった食品やサプリメントを紹介していきます。

一つ目はプロテインです。
ムキムキのボディービルダーが筋肉増強のために使うものでは?と思っている方も多いはず。

しかし運動や筋トレと併用すればダイエットサポートに一役買ってくれるのです。

私は朝ごはんに置き換えて飲んでいました。
あまりお腹も空きませんし、筋トレの成果も前より分かりやすくなったかなと感じます。

もう一つはアミノ酸です。

スポーツ用品店でもアミノ酸配合のドリンクがありますよね。
これも実は運動効率を上げてくれる優れものなんです。

先ほどのプロテインは筋肉を増強しますが、アミノ酸は脂肪が燃えやすくなるようにサポートをしてくれます。

実際汗の量が飲んだ時と飲まない時ではえらい違いです。

私が全体的に参考にさせていただいたのがテキーラ村上さんhttps://twitter.com/tequila_nomenai

この方のブログhttp://www.bodymake-final.com は本当に役立つし、やる気が出ます。

ツイッターで#テキ村式ダイエットで検索をかけると多くの方が実践し効果を実感しています。

三ヶ月で10kgも減量した方も!
とりあえず色々調べるのが面倒だ…という方は、この方のツイッターやブログを拝見して見るのも良いと思います。

5.おすすめのスマホアプリ

さあ皆さん、そろそろやる気になってきましたか?

ここでダイエットスタートをサポートするスマホアプリを使用して、さらにダイエットの効率を上げちゃいましょう。
(おすすめ記事→【ダイエット体験談】アプリでダイエット!!楽しみながら16キロ痩せた話

5-1. Nike Training club

まず私がこよなく愛しているのが「Nike Training club」
https://itunes.apple.com/jp/app/nike-training-club/id301521403?mt=8

これは自分の今までの運動遍歴や、週でワークアウト可能な日数などを入力するだけで自分に会ったワークアウトを提案してくれます。

ヨガやラン前のウォーミングアップなど、種類も様々でトレーニングの更新頻度も高い!
「Nike+ Run Club 」
https://itunes.apple.com/jp/app/nike-run-club/id387771637?mt=8
と併用すればランとトレーニング両方の管理をしてもらえます。

私も最初はかなりきついと思いながら取り組んでいましたが、今では負荷が高いものもできるようになりました。

無料なので自宅トレーニング派の方やジムはお金がかかるから…という方におすすめです。

5-2. あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

食事の面でサポートしてほしい方におすすめなのが「あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリhttps://itunes.apple.com/jp/app/あすけんダイエット-体重記録とカロリー管理アプリ/id687287242?mt=8

こちらは食事、運動、体の状態を記録し栄養士の方がダイエットのアドバイスをしてくれるという優れものです。

ただカロリーを入力するだけでなく、どの栄養素が不足しているのかなども分かりますし、食事の写真を撮影するだけで何を食べているか自動で判別し、わざわざ食事内容を記録する手間もありません。

こちらも無料なので、様々な面でダイエットをサポートしてほしい方やダイエットを始めたばかりの方はインストールしてみてはいかがでしょうか。

私もダイエットを始めたばかりの時、テキーラ村上さんのダイエット法を実践しながらあすけんでサポートしてもらっていました。

栄養素の知識がまだなかった時だったので勉強になりましたし「これが不足しているから明日はこの栄養素が入っているものを選ぼう」と自然に食事改善をしていくことができました。

この生活についてはダイエットだけではなく、今後の生活についても役に立つと思います。

「カルシウムが足りないせいで骨粗しょう症になって寝たきりになってしまった」「酒がやめられなくて糖尿になってしまった」など。

生活の基本は食事と運動で成り立っています。
将来痛い目を見ないためにも今から自分のカラダの事、見つめ直して見ませんか?

ダイエット、体験

まとめ

ダイエットは根性論ではありませんし、だからと言って知識だけあってもいけません。

大切なのは「その目標に向かってどこまで貪欲になれるか」ということです。

皆さんも自分にあった方法を模索し、アレンジし自分なりのダイエットで目標を達成してください。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

当サイトに寄稿してくれるパートナーのライターさんたちです。 当サイトでは寄稿していただけるパートナーのライターさんたちを募集しております。ご興味のある方はお問い合わせ頂けたら幸いです。 実名またはライターネームを使用してご自身の宣伝をしていただくことも可能です。報酬は都度相談させていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*