ウォーキングで仕事の効率UP!?ウォーキングダイエットの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ウォーキング(2016.6.30)

だんだん暑くなってきて薄着になると、「体型」、気になりませんか?
でもダイエットをする時間がない。という方。
ダイエットする気力もない。という方。

手軽に始められるウォーキングはいかがでしょう。
ダイエットしながら仕事の効率があがると思えば、試してみてもよいかなと思いませんか?

1.すぐ痩せて戻るダイエットとなかなか痩せないけど維持するダイエット、どちらを選びますか?

ダイエットには、即効性の高いものと、低いものがあります。
両者の違いは、そのダイエットが代謝を上げるか上げないか、減らした体重を維持できるかできないかという点にあります。

つまり、すぐに痩せるダイエットは代謝をあまり上げずに痩せるため、減らした体重を維持するのは難しい場合が多いです。

ゆっくり痩せるダイエットは、時間をかけて代謝を上げていくので、ダイエットをやめても痩せやすい身体を維持しているため、体重の変化が起こりにくいのです。

ダイエットをするならば、できれば後者のほうがよいのですが、なかなか結果が出てこないので、続けられないというデメリットもあります。
(その山を越えたときに結果は出てくるのですが・・・)

ダイエットは、精神面も大きく関係してくるので、あまり気張ってダイエットをしないことがポイントです。

2.ダイエットだけじゃない。3つのウォーキングの魅力

ウォーキングには、大きく分けて3つの良い点があります。

1.メタボ対策と美容効果

ウォーキングは有酸素運動なので、たくさんの酸素を取り込み、脂肪燃焼を促します。
20分ほどの運動で脂肪が燃焼すると言われているので、できれば20分以上は続けましょう。

また、歩くことで血行がよくなり新陳代謝が高まります。
体の老廃物が排出され、便通がよくなったり、顔色がよくなったりと美容効果も期待できます。

ただし、これからの季節は日焼け対策をしっかりとしてくださいね。
そうでないと、シミなどの原因となります。

2.健康な体になる

加齢とともに筋肉量は落ちていきますが、歩くことで筋肉が鍛えられます。
また骨も丈夫になるので、骨折などがしにくい体になります。

他にも、運動により心臓と肺が鍛えられ血圧が安定したり、善玉コレステロールを増やす働きなどもウォーキングにはあります。

3.ストレス解消で、仕事の効率UP

歩くことで、足に滞った血流が流れ、血のめぐりがよくなります。
それにより脳へ新鮮な血液がたくさん運ばれ、頭が冴えてきます。

仕事に使えるアイディアを思いついたり、日常を豊かにするような話題が浮かんでくるかもしれませんね。
また、不安なことや悩みの解決策が見つかるかもしれません。

歩きながら、四季折々の変化を感じるのもよいでしょう。
忙しい毎日の中で、自分を客観的に見つめる時間も大切だと思います。

3.ウォーキングダイエットの3つのポイント

ウォーキングをするなら、しっかりとダイエット効果を求めたいとお考えの方。
ただ歩くだけでなく3つのことに意識して歩いてみてください。

1.しっかり前を向き、背筋を伸ばし、胸を張って歩く

まず姿勢が大事です。
背筋を伸ばし、胸を張りましょう。
猫背の人は特に意識して行ってください。

2.少し大股で腰を乗せて、腕を振って歩く

大股すぎても体に負担をかけてしまいますので、肩幅より少し広いくらいの歩幅で歩いてみましょう。

その際に、腰の移動を忘れずに。
片足を出したら、腰を乗せるイメージで歩いてみてください。
腰周りのシェイプアップも期待できます。

そして、腕を振りましょう。
できれば、直角に曲げて大きく振るのが理想ですが、力が入ってしまうと肩こりの原因ともなってしまいますので、難しいようでしたら、ぶらぶらと振っても構いません。
でも、大きく振ってください。

3.引き締めたい部分を意識して歩く

最後に、引き締めたい部分を意識して歩いてみましょう。
例えば、お腹周りなら、腰を乗せる動作をしっかりと意識してみてください。
二の腕のたるみは腕振りを意識、お尻は大股で歩くときに意識など、気にするだけでよいです。

難しいと感じたら、無理しないでください。
楽しく続けることが一番大切です。
リラックスしながら、自分の時間を満喫してください。

4.ウォーキングの際の注意と応用

気軽にできるウォーキングですが、まずは無理のない範囲で行うことが大切です。
最初から気合を入れて歩いても、疲れるだけで続きません。

まずは散歩と思い、お天気の日に自宅近くを20分ほど歩いてみましょう。
これからの季節は日差しが強くなるので、日中は避け、朝や夕方、夜がオススメです。

ただの散歩でも、普段運動しない方にとっては心臓に負担がかかる場合もあります。
水分補給を忘れずに、息切れがしたり、体調に変化があったら休みながらゆっくりと行ってください。

靴はできればウォーキングシューズのようなクッション性があり、足に負担がかかないものがオススメです。

20分のウォーキングに慣れてきたら、時間を伸ばしていき、60分くらいできるとダイエットにも健康にもよいです。
更には、ジョギングを組み合わせたり、スクワットや筋トレなどと一緒に行うと効率的に痩せることができます。
(人気記事→腹筋の100倍の効果!?朝のスクワットで簡単ダイエット

ウォーキング(2016.6.30)

まとめ

ウォーキングは気軽に楽しみながら始めることができます。
面倒だと思われる方もいるかもしれませんが、歩くだけでメリットがたくさんあります。
続けることが一番大切なので、まずは自己流でも構いませんのでぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
Yuruu

Yuruu

エステティシャンの国際ライセンスを取得後、有名輸入化粧品の営業を担当しました。 全国の美容外科、皮膚科を訪問し、著名な先生との美容に関する講習会を経験。 気になったものは自分で試さないと気が済まない性格で、現在ダイエット中の夫に協力し てもらい、本当に結果が出るものを追求しています。 そんな中で美容に関する豆知識や、良かった商品、失敗体験など、ご紹介したいと思いま す。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*