リバウンドなし!男性でもできるスムージーダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スムージーダイエット(2016.5.31)

スムージーと聞くと、男性にはあまり馴染みがないかもしれません。
少し前からスムージーダイエットが流行り、手軽にダイエットでき、リバウンドしにくいと評判がよかったりします。

男性が思うスムージーダイエットのイメージとして、女性向けでは?、美味しくなさそう、面倒くさそう、などありそうです。
でも、それで挑戦しないのはもったいないです。

今回は、スムージーダイエットの魅力と簡単なレシピをご紹介します。
これにチャレンジできたら、少しずつ体質が変わってくるかもしれませんよ。

1.そもそもスムージーって何?青汁と違うの?

数年前からスムージーが流行り始め、コンビニの飲み物コーナーで売っているのを見かけるようになりました。
またテレビCMなどでも、ほぼ毎日スムージーが取り上げられているので、スムージーが流行っているのがよくわかりますね。

しかし忙しく働く男性には、スムージーを知らない人も割りといるのではないでしょうか。

スムージーは基本的に野菜、果物、水を材料に作られていて、それらをミキサーなどで撹拌して飲むものです。
撹拌するので手軽に多くの野菜が摂取でき、生野菜の酵素や栄養素が体に取り入れられるため、健康的で美容にもよいと評判なのです。

また、レシピも様々で、家にある野菜や果物で自由に作れて、水の代わりに牛乳や豆乳を使用したり、はちみつやオリゴ糖を加えたりと個人の好みでカスタマイズできる楽しさもあるので、ハマっている人も多いようです。

さてこのスムージーですが、それっぽいのが実はずっと前からあったのです。
それは青汁です。

青汁は、ケールや大麦若葉などの野菜をブレンドしたものですが、果物が入っていないため、多少苦味を感じやすいです。
なので、青汁ダイエットよりは、スムージーダイエットのほうが万人受けしやすいものだったのかもしれませんね。

2.実はあまり知られていない。ダイエットは体質改善から

ダイエットのポイント1は基礎代謝をあげることです。

基礎代謝をあげるには、筋肉をつけるのが一番の近道です。
世間では、いろんな運動を取り込んだダイエット法が存在しますよね。
(こちらもご覧ください。)
腹筋の100倍の効果!?朝のスクワットで簡単ダイエット
働く男性におすすめ!自転車通勤ダイエット!

しかし、意外と知られていない落とし穴があったのです。
それは、汗をかきにくい人は筋トレや運動を頑張ってもなかなか効果が出にくいということです。

汗をかきにくい人。とは、基礎代謝が低い人とも言えますが、体の中に毒素=老廃物がたまった体質改善が必要な人。とも言えるのです。

そして汗をかきにくい人は、実はどんどん増えているのです。
現代は、エアコンの普及で汗を出す汗腺の働きが弱くなってきているともいいます。

それに加えデスクワークが増えて運動不足気味になったり、冷たい飲み物が簡単に手に入るため体を冷やしやすかったり、または水分をあまり摂らないため水分不足なども汗をかきにくくする原因とも言われています。

これでは、せっかく運動してもあまり効果的ではないですよね。
汗をかきにくい人や、近頃太りやすくなってきたかも。などと思う人は代謝が下がってきている可能性があります。
そんな人はまず体質改善から始めるのが、成功するダイエットのポイントです。

3.スムージーダイエットでリバウンド知らずに

なぜよくある運動によるダイエット法で、結果がなかなかでないか理解できたと思います。

基礎代謝の高い人なら、運動すれば早くに結果がでるでしょう。
しかし、そうではない場合は体質を改善する必要がありそうです。

そこでオススメなのが、スムージーです。
先述のとおり、スムージーは野菜と果物、水で作られていて、野菜や果物の酵素などが体に溜まった老廃物を排出してくれます。

また、意識して、水分補給することにより汗をかきやすい体質になります。
汗からも老廃物は排出されるので、汗をかきにくいと自覚している方は、水を多めに飲むように意識してください。

またスムージーのよいところは、自宅で簡単にできて、続けられるということです。
ダイエットのポイント2は、続けることです。
(続けやすいダイエット。こちらもご参照ください→今すぐに始められる噛むだけダイエット!

ダイエットは続けなければ、効果も感じにくいですし、恐怖のリバウンドを招きやすいです。
ダイエットによるリバウンドは体質が変わってしまうため注意が必要です。

自分に合わないダイエットを過度に行い、一時期痩せてもリバウンドにより元に戻ってしまったら、体重が戻っただけでなく、痩せにくい体質になってしまうというダブルパンチをくらっています。

なので、いろんなダイエットに挑戦しても結果がでない人は、痩せにくい体質へと変わってしまったと考えられるので、体質改善をする必要がありそうです。

4.スムージーダイエットの体験談

ここでスムージーダイエットの体験談をご紹介したいと思います。

30代のサラリーマンですが、近頃、代謝が下がってきたかなと感じることがあったそうです。
腹筋が減ってお腹回りがたるみ、肌の血色不良や寒さを感じやすくなった。など若いころと比べると、体型や体質が変わってきたとのことでした。

スムージーダイエットには全く興味がなかったのですが、奥さんに勧められて仕方なく始めて、1週間である違いを感じたそうです。
それは、お通じでした。

飲み会が週に2~3回あり、お通じは一応毎日あってもあまり質がよい感じの状態ではなかったようです。
しかし、スムージーを始めただけで、毎日の生活は変わらなくても、お通じが健康的なものに変わり、そしてニオイが減ったそうです。

人はたんぱく質を多く摂取すると、排泄物のニオイが強くなる傾向にあります。
スムージーにより、野菜、果物を意識的に摂取しているため、このような状態になったのではないかと思います。
そしてお通じがよくなると、顔色がよくなったそうです。

また、奥さんの話によると体臭も変わってきたという話でした。
閉じ込められていた体内の老廃物が排出されたことにより、血行がよくなり、発汗機能が正常になり、ニオイが減ったのではないかと思います。

これをとりあえず1ヶ月続けたところ、体質が変わったことがなんとなく分かっておもしろくなったのか、スムージーにハマり、毎日飲むようになったそうです。
もちろん体重も減り、ご本人は大満足とのことでした。

スムージーダイエットは、すぐに痩せるものではありません。
少しずつ体重が減っていくので、健康的に痩せることができます。

ですが、ダイエットを始めてすぐに体の調子がよくなった気がするという話はよく聞きます。
個人差があると思いますが、共通するのは、体内の毒素である老廃物などを排出することで、血行がよくなり、汗をかきやすくなったことで代謝が上がったという点です。

代謝が上がると、痩せやすい体になるので運動などと組み合わせると、更にダイエット効果が期待できそうですね。



5.お手軽スムージーの作り方

では、スムージーのレシピをご紹介したいと思います。

料理はしないという人でも、大丈夫。
野菜、果物を切って(面倒ならちぎる)、水を入れて、ミキサーするだけです。
慣れれば5分で完了です。

ミキサーがない場合は、すりおろしたり、刻んだりして、シェイクしましょう。
葉野菜は冷凍してから、すりおろすと楽チンです。

スムージーダイエットの流行からか、ミキサーも割と安く売っています。
コンパクトサイズで、1杯分だけ作れてすぐ飲めるようなものもあるので手軽ですね。

分量は適当ですが、始めは果物を気持ち多めにすると飲みやすいかもしれません。
家にある野菜と果物でチャレンジしてみてください。

オススメは今が旬のアスパラガスです。
果物はキウイやパイナップルを使ってみると、後味がよく飲みやすいです。

飲みづらい場合は、水の変わりに牛乳や豆乳にしたり、ヨーグルトを入れたり、バニラアイスを入れたりするとおいしくなりますが、カロリーが少し気になりますね。
ですが体質改善にはオススメなので、まずは始めてみてくださいね。

スムージーダイエット(2016.5.31)

まとめ

ダイエットのポイントは、基礎代謝をあげることと続けることです。

スムージーダイエットなら、無理なく続けることができ、体を健康にしてくれます。
料理をしない人には、面倒かもしれませんが、水を一杯飲むついでだと思って、ミキサーを見える場所に置き、家にある材料で一度挑戦してみてくださいね。

お勧めのスムージー

自分で作るのも良いですが、効果を求めるならマジカルスムージー
サプリシエイト・ナチュラル・スムージー
を試してみてはいかがでしょうか?





The following two tabs change content below.
Yuruu

Yuruu

エステティシャンの国際ライセンスを取得後、有名輸入化粧品の営業を担当しました。 全国の美容外科、皮膚科を訪問し、著名な先生との美容に関する講習会を経験。 気になったものは自分で試さないと気が済まない性格で、現在ダイエット中の夫に協力し てもらい、本当に結果が出るものを追求しています。 そんな中で美容に関する豆知識や、良かった商品、失敗体験など、ご紹介したいと思いま す。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*